【亜人ネタバレ】最新話62話/13巻 見たことのないIBMの持ち主はモブだったキャラ?ついに海斗が永井を助けに行く!

2018年12月16日

2018年10月6日発売の
Goodアフタヌーンより「亜人」最新話
FILE.62「Trash Mobs」のネタバレあり感想です。

最終ウェーブが本格的に・・!

あの男がついに飛ぶ!

総力戦へ向けて興奮が高まります!

前回61話のあらすじはこちら。


亜人最新話ネタバレはこちら↓↓↓↓↓




壁まで走れ

少年院で草むしりへ行く前の海斗たち。

琴吹が海斗に、

「いつでもお前のタイミングでいい。

何も考えず壁まで走れ」

(桜井画門先生 亜人 62話引用)

とそっと告げるのです。

それぞれの動き

援護に急ぐ中野と秋山、
そして泉と田中ペア。

佐藤はゲンに腕を切られながら(怖)
次はどこにつっこむかとスマホ地図を見ています。

ゲンの元に協力者の2人からメッセージが届き、
高橋は「お手並み拝見てやつだな」と
つぶやきます。

その協力者の1人は中野と秋山を監視し、
彼らに向けて発砲し始めます。

行くしかない!と発砲している男のもとへ
駆け出した中野と秋山。

ビル内に入ると、中野が空き部屋に
何者かによってふっとばされます。

ふっとばしたのは・・IBM。

一方、泉と田中の前にもIBMが現れ
初めて見る形のIBMを前に田中は
「寄せ集めの中に亜人がいたってことだろ」
と冷静に泉に言うのです。

中野は秋山に先に行かせ、
謎のIBMと戦うことに!

秋山が先へ進むと一人の男が佇んでおり、
その男がIBMを出すと、
秋山もIBMを発生させます。

秋山が肉体派であり、
反射的にしか行動しないと分析した男は
「操りやすい」とつぶやき、
ガソリンが撒かれた部屋に火をつけるのです。

目的はスプリンクラーを動かすこと。

水しぶきの中ではIBMへの指示は届かないけれど
「肉体だけでなんでもできると思ってるから
丸腰で罠に飛び込んでこられる」

(桜井画門先生 亜人 62話引用)

と秋山に向けて、銃を構えるのです。

1人で二体

田中と泉の前に現れたIBMが襲いかかり、
田中も自らのIBMを出して
泉には節約させようとしますが、
その瞬間泉が何かの力で後方に
吹っ飛ばされてしまいます。

それはもう一体のIBM。

亜人が2人いるのか・・と思う田中ですが、
IBMは同じ形。

1人の亜人が二体を操っているのか!
と気づき驚く田中。

ビルの上から1人の男が
「これくらい出来ねーほうがどうにかしてるぜ」と言い、

自分のが有能なのに
ろくでもないじじいばかり出世する、

正当に評価されるところで働くぜ!

と、二体のIBMで襲いかかるのです。

(桜井画門先生 亜人 62話引用)

海斗飛ぶ!

草むしり中の海斗たち。

ふいに立ち上がり教官に注意される海斗は
琴吹にアイコンタクトを送り、
壁に向かって全力で走り出します。

壁に達した瞬間、
ドンと浮かび上がる海斗の体!

教官も「え?」とあっけに取られますが
海斗も目を丸くします。

海斗には見えない何かが彼を運んで行きます。

(桜井画門先生 亜人 62話引用)

それは琴吹の翼を持つIBMでした。

時間的に入間基地までは飛べないから
限界が来たらそこで降ろす、
あとは自分の足で探せ・・と
IBMは海斗に言います。

海斗も状況を理解し、
覚悟を決めた様子で飛んで行くのです。



感想&63話は

ついに海斗が空を飛びました!!

少年院の教官も何が起きたのか
わからない状況ですね・・・。

すぐに1人が逃走したという情報が
回りそうな気もしますが、
佐藤があちこちにとんでもないテロを
起こしているからそれどころの騒ぎでは
ないかもしれず、うまいことニュースにも
ならないかもしれない!?

海斗はどんな戦力となるのでしょう?

普通の人だったら参戦するのは
めちゃくちゃ危険ですよね・・。

私は未だ、海斗が亜人かもと思ってますけど!

本人もまだ知らないだけで!

永井が海斗の顔を見たら
どんな気持ちになるのでしょうね。

そしてモブらの中にいた2人の亜人。

表に出てきていない亜人がまだまだいても
全然おかしくはないですし、
まあ死んでみまいとわからないとこも
ありますしね。

田中らの前に現れた亜人は
自分が評価されない世の中に辟易して、
不満が溜まりまくっていた感じで、
怒りのエネルギーをぶつけてきそう!

田中も覚醒して、二体以上は
操れそうな予感がしますがどうでしょうね〜。

フラッドを意図的に起こせるように
なっちゃうかもしれない。

もうIBMもあちこちに出まくって
すごい戦いになりそうです!

次の63話のあらすじ感想はこちら。

亜人のコミックを無料で読む方法はココ。

亜人の各話あらすじはこちらから。