【あなたがしてくれなくても】ネタバレ最新話16話/3巻 みちが陽一に感じた違和感とは?新名が明かした苦しい思いとは。

2018年8月7日発売の漫画アクションに掲載、
ハルノ晴先生原作「あなたがしてくれなくても」
最新話16話あらすじ感想です。

コミック2巻の続きとなります。

罪悪感から?みちにキスをした陽一。

レス解消?問題はそこじゃなかった!?

スポンサーリンク



嬉しいけど違和感?

みちはそのまま陽一に抱かれ朝を迎えます。

夢じゃなかった!と喜んだみちですが、
ふとどうして急にしてくれたのか・・
と疑問が胸をよぎります。

そして他にひっかかることが・・・。

せっかく前進したのに!とその疑問を
頭の中から打ち消そうとするみち。

その後、新名からの着信に気がつき、
メッセージを送ると、
「今日は時間ありますか?」との返事。

この間一瞬新名が寂しそうに見えたのは
思違いじゃなかったかもしれない・・と
思うみちなのでした。

震える新名を

終業後、待ち合わせをしたみちと新名。

会話を聞かれたくないからか、
外で座ってお話をすることに。

新名から結婚記念日が
うまくいかなかったと聞き、
今まで新名に助けられていたのに
どうして気づくことができなかったのか・・と
みちは自己嫌悪に陥ります。

自分たち夫婦だけは当たり前に
ずっと愛し続けると思っていた・・と言うみち。

新名も胸の内を明かします。

忙しい妻をサポートしたら
余裕もできて拒否されず、
体を重ねればそこに愛はあると
そう思って頑張ってきた・・

(ハルノ晴先生 あなたがしてくれなくても16話引用)

その言葉を聞いて「私もだ」と思うみち。

すれば満たされると思っていたけど
でも昨日、一度も陽一と目が合わずに
虚しくなった・・・

気持ちがたとえなくても
陽一が一歩踏み出したのは大きな進歩だと
自分に言い聞かせるように思うみちですが、
手が震えている新名をみて、
みちはついに抑えきれずに
彼の肩を抱きよせるのです・・。

感想&17話は?

みちが感じた違和感とは、
最中に陽一と一度も目が合わなかったこと
だったんですね。

何を考えていたんだろ、陽一。

まさか三島さんのことを考えてたとか?

だって急にしたのも罪悪感とか
まさか自分が他の人とするなんて・・と
自分がしたことを打ち消すかのような
衝動的なものだったのかな〜。

みちは寂しさに打ちひしがれたような新名に
もう気持ちが抑えきれなくなった感じでしたね。

もう2人でしちゃえばいいじゃん!って
思う私もいるのですが、それは違いますよね・・。

みちも言ってたけど
ただ「したい」だけじゃなくて、
愛を、つながりを、絆を感じたいんですよね?

ただ欲望を解消したいだけなら
やっちゃえばいいと思う。

だけど問題はそこじゃない。

だからみちと新名はこれからどこか
惹かれ合うかもしれないけど
たとえしちゃったとしても
気持ちは満たされないのでは??

でも女の立場から言わせてもらうと、
他の女とはできる陽一には腹が立つというか
自分が妻だったら悲しすぎる。

というわけで続きを早く読みたいですが
次回は8月21日発売の漫画アクションで!

コミックを無料で読むお得な方法はこちら!

スポンサーリンク