「あなたがしてくれなくても」最終回にみちと新名は離婚して結ばれる?最新話ネタバレ注意!

レス夫婦をリアルな視点で描いた
あなたがしてくれなくても」が
とても話題ですね。

現在2巻まで出ていますが、
最終回はどうなってしまうのでしょうか?

ふた組の夫婦の様子を振り返りながら
どうなるのか考えてみたいと思います!

最新話までのネタバレも含んでいますので、
閲覧にはどうぞご注意ください。

スポンサーリンク



吉野夫婦と新名夫婦

17話現在までのそれぞれ夫婦のことを
ざっくり抜き出してみました。

吉野みちと陽一夫婦

(ハルノ晴先生 あなたがしてくれなくても1巻引用)

・結婚5年目でレス歴2年

・みちが誘っても夫は拒否

・陽一は不能ということではないが
みちに対して「ED」だと言って逃げた

・でもみちと離れるつもりはない

・会社の三島と体の関係を持った

・その罪悪感からみちに優しくし始める

・することはした。でも陽一はみちの目を見ず。

新名誠と楓夫婦

(ハルノ晴先生 あなたがしてくれなくても2巻引用)

・結婚7年ほど

・奥さんは副編集長として多忙な日々

・新名が家事などして彼女をサポート

・結婚記念日ディナーも仕事でキャンセル

・その後ホテルでも楓は「そんな気になれない」と
新名を拒否

・新名、男として必要とされていないと感じる

愛はもうない?

こうした流れを経て、
新名とみちはとうとう
キスをしてしまいます。

(ハルノ晴先生 あなたがしてくれなくても17話引用)

これに関しては17話
詳しく描かれていますので、
気になる方はぜひチェックを!

うーん、こうして書き出してみると
陽一のクズっぷりがよく浮き出てくる・・・。

みつのことは大切で離れたくないのに
なんでできないんだろう?

馴れ合いすぎて「女」として
見られないってやつ?

男の心理はわからない。

(ハルノ晴先生 あなたがしてくれなくても2巻引用)

新名の妻の楓の気持ちのが
同じ女性としてわからなくはないです。

でももう夫に対する愛情は
なくなってしまったような気がするんです。

新名は忙しい楓をサポートして、
文句も言わずに家事などもこなしてくれる。

楓も安心して家を任せられるし
家に帰っても気持ちよく寝られる。

一人じゃないし、万が一何かあっても安心。

「夫が求めてきたけど
体だけ貸すからしたければどーぞー」
っては言ってないけど、
ホテルで新名にした態度は
これと同じことですよね!?

(ハルノ晴先生 あなたがしてくれなくても2巻引用)

・・・夫は家政婦か何か!?

愛情があるならば、
たとえ忙しくて夫にかまえなくても、
その態度で示すことはできるはず。

相手も愛されてるって実感できて
安心できるんじゃないかな〜。

だから似たような境遇にあるみちと新名が
惹かれ合うのも自然な流れなのでしょう。

とりあえず、自分がみちだとしたら、
同じ悩みを打ち明けられる新名を
間違いなく気になり始めるし
「そういう」機会があったら
自分を止められる自信は全くありません。

新名の存在が不安定だった気持ちを
落ち着かせてくれるなら、
そっちに逃げたくなるのが
人間なのではないでしょうか?

最後はどうなる?

みちと新名はどこへ向かい、
最終回はどうなるのでしょうか?

たとえ夫婦が崩壊ぎみとは言え、
外からみたら立派なフリンでしょうね。

ただこのままお互いがのめり込んで
離婚して一緒になりたい・・
と言い出すとは考えられないです、今の所。

惹かれているのは事実かもだけど、
陽一や楓への愛がなくなったわけでもないし、
「離婚して一緒になりまーす」っていうような
二人ではないと思うんですよね・・。

今後どういう風に夫婦関係だったり
みちと新名が進んでいくかはわかりませんが、
勢いでくっついたとしても、
どこかで陽一や楓と比べちゃって
しっくりこないこととかありそうでは?

また陽一や楓がお互いのパートナーへの
愛が復活したら本来望んだ未来が
やってくるのではないでしょうか?

いや、でも予想に反して
がんがんフリンの方向に進むことも
もちろんないとは言えません。

丁寧な気持ちの描き込みがあるので
そうなったらそうなったで
面白いとは思いますが、
個人的にはそれは読みたくないな〜。

みちは陽一と別れてすっきりと
自分の道を歩き出す、
そして新名は楓と再びやり直す!
みたいな感じとかもありそう?

もう結婚して一緒にいても
むなしいだけですしね、みちも新名も。

キスしちゃったこの二人が
どんな気持ちになっていくのか
これからお話は面白くなっていくはず!

これからも楽しみにしていきたいと思います!

気になるけど未読の方は
こちらからコミックを無料で
読む方法をご紹介しています。

最新話あらすじ感想はこちら。

スポンサーリンク