【亜人ネタバレ】最新話60.5話/13巻 ついに対亜人特選群の姿が明らかになる!?コウマの知る事実とは?

2018年9月7日

2018年7月6日発売の
Goodアフタヌーンより「亜人」最新話
FILE.60.5「D-day II」のネタバレあり感想です。

60.5話で、少し短めの回ですが
かなり重要なお話となっています。

前回60話のあらすじはこちら。

スポンサーリンク



あの特殊部隊がついに

お話は佐藤が国会議事堂を襲撃する
およそ5分前に遡ります。

対亜人特選群の指揮権を握るコウマは、
陸幕副長が慌てて対亜人特選群および
亜人管理委員会との裏のつながりを示す
資料を破棄している現場に出くわします。

陸幕長は対亜人特選群のことを知らない・・・
その衝撃の事実を知ったコウマは
戸崎の「自分のおこないに自責の念も
後悔もない。あなたは?」
という言葉を思い出すのです。

その時にコウマに入った電話。

(桜井画門先生 亜人 60.5話引用)

それは出動を要請する対亜人特選群・・!

電話の相手を知った陸幕副長は
「この事態に関わるな!」と
コウマに銃口を向けて電話を切れと迫ります。

対亜人特選群は亜人の特性を熟知し
特殊訓練を受けてきた部隊であり、
自分についてきてくれた存在だ・・・
と陸幕長に向かって言います。

そして一言・・

「出動」

と同時に引き金が弾かれるも
銃弾はコウマの頭横付近に当たるだけでした。

一方ついに動き出した対亜人特選群5名。

ヘリで入間基地に降下地点を定めます!

感想&61話は?

ついに謎に包まれていた
対亜人特選群のベールがはがされましたね!

見た目だけの判断ですが、
むちゃ強そうに見えません!?

戸崎らが過去に出動を要請するほど
その強さは未知数かもしれない!

期待感半端ないですが、
彼らはもしかしたら亜人かも?

秘密裏にコウマたちが
世間に知られないよう亜人たちに
声をかけていてオグラ博士とかも協力して
特殊な訓練を続けていたとか?

生身の人間だと佐藤に勝てる気がしません。

5人の中に中村慎也もいたりして!?

対亜人特選群の戦いぶり、
めちゃくちゃ期待しちゃいます!

そんなワクワクの次の61話はこちらから。

亜人のコミックを無料で読む!

スポンサーリンク