【亜人ネタバレ】最新話60話/13巻 佐藤の宣言する「最終ウェーブ」の内容が明らかに!永井、お手上げ!?

2018年7月6日発売の
Goodアフタヌーンより「亜人」最新話
FILE.60「D-day」のネタバレあり感想です。

(D-dayとは戦略上重要な攻撃や
作戦開始日時を表す際に
用いられたアメリカの軍事用語。)

永井が確信した佐藤の「最終ウェーブ」とは!?

日本が佐藤に制圧されるまでもう2時間もない!

前回59話のあらすじはこちら。

スポンサーリンク



永井が確認したかったもの

戦闘機に搭乗した佐藤。

その目の前に永井がいます。

永井がオペラグラスから機内を覗き、
確認したかったのは服に付いた血痕。

次の瞬間、轟音をあげて戦闘機は飛び立ちますが、
佐藤は「永井君!?」と彼に気づいた様子です。

永井の鼓膜が破れるほどでしたが、
彼は佐藤の作戦を確信し、
それを中野らに電話で伝えます。

コレは佐藤が今まで使ってきた
ギミックの集大成だ・・と。

最終ウェーブ

永井が確信する、
佐藤の計画とは次の通り。

■戦闘機で国会議事堂を攻撃。
(マッハで飛ぶためわずか42秒で到達)

■佐藤は爆弾を体に仕込んでおき片腕を残す。
(自ら切り落としておくということ)

そして追突と同時に起爆しバラバラになって
入間基地に復活しつつ帰還。

■復活した後はコレを繰り返す。

(桜井画門先生 亜人 60話引用)

そうすると2時間で、最大約20箇所に
連続攻撃を仕掛けることができる。

こうも話している間に、
5名の内閣総理大臣臨時代理が招集されていた
国会議事堂が爆破されてしまいます。

この5名が執務不能となれば
2時間では新たな総理は決められず、
日本には重大な決定を下せる人間はいなくなる。

あとは時間の許す限り突っ込みまくる。

(桜井画門先生 亜人 60話引用)

誰も佐藤のスピードについていけない・・・
そう言う永井。

中野は「どうやって止める?」と尋ねます。

轟音鳴り響く空を見上げる永井・・。

彼の答えは

止めない

え?(by 中野)

⇒【亜人のコミックが無料!?

感想&61話は?

永井、めちゃくちゃ賢いですね!

ちょっと前までに配信されていた時には
佐藤の服に血がついていないことを確認。

そしてもしかしたらこうするかもしれない
という予感を確信に変えるために
基地内に乗り込んでその血を見に行くなんて。

でもここまで読める永井だから、
ある程度佐藤の次の行動がわかるのかな。

これまでの集大成・・・
確かに体の一部を残して復活した時に
そこにワープする形になることもやってたし、
過去いたるところにヒントは隠れているかも!

すべて応用編〜みたいな。

佐藤も笑顔で、自分の腕チョッキンだもん。

亜人でも痛いって言ってるし、
佐藤はどんな神経してるんでしょか。

死にまくってるから、
むしろアドレナリンが出ちゃってるかも?

そして日本・・やばいよ!

大臣代理や自衛隊のトップが集まっていた
国会議事堂ももう壊滅しちゃったし、
仮に永井らが止められたとしても、
長期に渡る混乱は絶対に避けられないですよね。

永井も「止めない」って言ったけど、
それはどういう意味の「止めない」なんだろう?

何もしない・・・このまま佐藤の凶行を
ただぼーっと見てるだけってわけではない・・
と思いますが、何をどうするのかさっぱり・・。

でも永井はある程度、佐藤の行動を読んでるから
「もし自分が佐藤なら」という視点で見て
作戦を考えていくのかも!?

もうちょっと時間かかると思うけど、
クライマックスも近づいてきた・・!?

次回は8月7日のGoodアフタヌーンで!

亜人のコミックを無料で読む!

スポンサーリンク