【亜人ネタバレ】最新話58話/13巻 日本中に語りかける佐藤は最終ウェーブを宣言!あの人物が離脱する!

2018年6月7日

2018年5月7日発売の
Goodアフタヌーンより
「亜人」最新話 FILE.58
「Everything that
has a beginning
has an end.」 
ネタバレあり感想です。

「始まりがあるものには終わりがある」という
意味深タイトル・・・。

12巻の続きは58話から読めます!

まさかの人物が・・離脱!!

前回57話のあらすじはこちら。

スポンサーリンク



秋山と奥山

警備隊員及び増強用員500人全てが全滅し、
陥落した入間基地・・・。

佐藤はスマホで
自分のメッセージを撮影しながら
生配信しています。

そのメッセージは日本中に
配信されている模様です。

一方救出された秋山と中野が
麻酔銃で眠っている奥山の付近で
何か武器はないかと探っていると、
突然奥山の胸のあたりで爆発が。

(桜井画門先生 亜人引用)

じゅわじゅわ・・となり
目覚める(生き返る)奥山。

「あぁ 出られたんだ」と秋山に言い、
役に立つから・・とケータイを渡そうとします。

仲間を裏切るのかと聞く秋山に、
佐藤の仲間になったつもりはなく、
「ヤバイ奴」の佐藤に反対して
結果ドラム缶詰めになるよりも
一緒にアレコレやってるほうがいい・・という奥山。

佐藤には歯向いたくないが
ここが引き際だと言います。

一刻も早くケータイを受け取って
入間基地に向かうことを強く勧める奥山。

秋山はそのスマホを手に取るのです。

最終ウェーブスタート

佐藤はスマホに向かって語ります。

それは自分たちは
平和的解決を求めてきたということ。

しかしこの戦いは厚労省、亜人管理委員会や
各企業、さらには無関心で亜人を孤立させた
全国民らが招いた結果だと。

そして2時間で日本の重要機関を
すべて沈黙させるという佐藤は、
「最終ウェーブ」のスタートを
高らかに宣言するのです!!

奥山の片付け

秋山たちがアジトから去り、
奥山は「消えるか」と、
住民票やら犯罪データなどを
ハッキングしてパソコンのデータを全て消去。

そして身分証明書など、
「奥山」に関する全てのものを燃やすのです。

燃えさかる火を見ながら
この5週間はすごく楽しかったと言い、
「また一人だ」と、隣にいる自身のIBMに
語りかけるのです・・。

感想&59話は?

全てを燃やした奥山。

「奥山」に関するもの、
ありとあらゆるデータや
証明書を燃やすということで、
彼の存在はもう誰にも追跡が不可
ということになるのでしょう。

完全なる離脱ですね。

奥山自身も燃えるのかと思ったんですけど、
復活したところで顔が変わるとか
記憶がなくなるわけでもないから
そんな必要はないですよね?

きっと自分に関するものを全て「処分」して、
アジトを去っていったのかと思うのですが・・。

今後どうやって生きていくとか
もう誰にもわからないのでしょう。

したたかな男とというか賢い男というか。

ただ佐藤という「ヤバイ奴」に
酷いことをされないように
うまく生き延びてきたということ。

そりゃドラム缶詰めで
生き地獄を体験するくらいなら
共に行動したほうが賢いかも。

あっさりとした引き際というか
ちゃっかりしてるというか・・。

秋山たちに渡したスマホには
何が入っているのでしょうね?

きっと佐藤を倒すヒントが??

その佐藤は「2時間」で
全てを制圧すると宣言しました。

永井は「ありうる」だろうと予測。

入間基地は最終ウェーブの
準備体操のようなものだったのでしょうね
・・・佐藤にとって。

次号から命以外のすべてを賭けた
2時間の攻防戦がスタートするとのこと!

ハラハラするけど楽しみすぎる〜!!

次回59話のあらすじはこちら。

スポンサーリンク