【モンテクリスト伯爵】(漫画)第3話ネタバレあらすじ 財宝が地中海に眠る!?ファリアの壮絶な最期。

2018年12月17日

森山絵凪先生の美しい絵に魅せられる
漫画版「モンテ・クリスト伯爵」の
第3話あらすじネタバレです。

ネタバレしていますので
未読の方は閲覧注意!

スポンサーリンク

財宝のありか

2話からの続きです。
↓ ↓ ↓

ファリアから教育を受けると同時に
海に出るための横穴を堀続けて数年後、
ファリアがある発作を起こします。

これは二度目の発作。

薬を飲んで落ち着いたものの、
もう一度この症状が出たら
死に至る・・というファリア。

それが来る前に、
「スパダの財宝のありか」を
伝えておく必要があると言い、
とある文章をエドモンに見せます。

そこには約1千500億円ほどの
宝が地中海のモンテ・クリスト島に
隠されている・・・という財宝の
ありかを示した文章でした。

(森山絵凪先生 モンテ・クリスト伯爵引用)

ファリアは
息子同然のような存在のエドモンに、
自分が亡くなったら
この宝は全てエドモンのものだ・・
と伝えます。

三度目の発作

その後、恐れていた発作が
起きてしまいます!

(森山絵凪先生 モンテ・クリスト伯爵引用)

「モンテ・クリスト島を忘れるな」と
言い残して壮絶な死を遂げるのです。

悲しみにくれるエドモンですが、
投獄されてから14年の苦痛を
無駄にしてはいけない・・・と、
ある方法を思いつくのです。

それは自分がファリアの
遺体だとして袋に入り、
牢獄の外に放り出される・・・
というもの。

しかし墓場に
連れて行かれたのではなく、
海に投げられてしまうのです・・!!

>>「モンテクリスト伯爵」を無料で読む!

感想

ファリアが亡くなってしまいました(涙)。

エドモンにありとあらゆることを教え、
そこにあるもので道具も作り、
生き延びる術を伝えたファリア。

最期は発作で苦しそうでしたが、
息子と呼べる存在に出会え、
財宝を託すことができて
悔いのない最期だったのかと
想像してしまいます。

一生懸命掘り続けた横穴ではなく、
こんな形で脱獄することになるとは・・。

さて重石をつけられて
海に投げられたエドモン、
無事に抜け出せるのでしょうか!?

第4話へ続く!