Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【ランド ネタバレ】最新話44話/6巻 蓮華が捨吉に文字を教える!?地下室はどんな場所?

2018年12月17日

2017年12月27日発売の
モーニングに連載中、
山下和美先生原作「ランド」の
最新話44話「禁忌」ネタバレです。

「この世」の支配者であるあやめと
後任となる娘の蓮華。

蓮華は色々な疑問を
あやめにぶつけますが・・・!?

前43話はこちら

スポンサーリンク



地下室へ

蓮華が母・あやめに
なぜ父(天音)が「この世」に
来させたのかを尋ねます。

すると「この世」のあらゆる場所が
チェックできる地下室へと案内されて、
これまであやめが感じたことを
説明してくれたりするのですが、
本当に蓮華が知りたいのは、
捨吉に対するあやめの感情。

それを知ってか知らないか、
外回りを提案したあやめ。

お面をかぶって外出する2人を、
捨吉が屋根の上から
見守っているのです。

「怒り」という文字

「この世」の人間たちは四ツ神様を敬い畏れ、
大笑いし怒り悲しみ、人は基本的に変わらない・・・
とあやめはこれまで見てきた世界を
愛おしそうに語ります。

しかし蓮華は身軽に屋根を伝い、
まるで鳥のように跳ぶ捨吉に
心奪われている様子。

蓮華が井戸の「井」のような模様の柄の
手ぬぐいを買おうとすると
「文字の話はしない!」とあやめに叱られます。

(山下和美先生 ランド44話引用)

ひょっとこみたいなお面をかぶるのは蓮華。

屋根にいたはずの捨吉が
蓮華とあやめの背後につきます。

すると町民たちが捨吉に
「四ツ神様が見ているところで
人柱がうろうろするな」と、
尿をかけられるなどひどい扱いを受けます。

怒る蓮華に対し、
冷静な捨吉なのです・・・。

それから時々地下室にこもり
町の様子を見る蓮華。

知命を迎えた夫を
笑みをうかべて見送る妻。

そして飢饉が起きている堀の外で
生贄なのか狼(野犬?)に食べられる人。

これまで「あの世」で
見ようとしてこなかったことを
直視して生きていかなければいけない・・・
辛い・・・と日記に綴る蓮華は「帰ろう」と
思い立つのです。

そして夜、四ツ神信仰があるために
あっさりと誰にも見つからずに
抜け出すことに成功した蓮華。

真っ暗の中、四ツ神の足元へと
行こうとしますが暗闇から
人間の手をくわえた野犬が・・・。

そこへ捨吉が飛び掛かり、
蓮華を救います。

「帰りましょう」と言う捨吉ですが、
どうやら堀の外に来るのは初めての様子。

すると突然捨吉は、
足で地面に「井」の文字を書き、
井戸の「ど」はどんな形かと尋ねます。

誰にも言っちゃダメよ・・と
戸という漢字を蓮華は教え、
それから”捨吉”、”蓮華”という文字も
地面に書いて教えます。

それ以来蓮華はあやめの目を盗んで
地下室で捨吉に会い、文字を教えます。

捨吉は真綿が水を吸うように
文字を覚えていきます。

「怒り」という漢字を教えたとき、
捨吉はこの字をずっと探していた・・・
と言いい、混乱した様子を見せます。

生贄になって野生的な生活を
していた「肉体的な苦痛」ではなく、
生贄として唯一生き延びて
まわりから浴びせられる
「言葉による苦痛」を知ったという捨吉。

彼の怒りの根元はここにある?

だから堀の内から一生でることなく、
あやめの言葉だけを聞くことにした・・・
と言います。

***********

「この世」へ来た回想が終わり、
これらの出来事が書かれた日記を閉じる蓮華。

そしてアンへと場面が移り、
「オレはオレ以外の何者でもない」と涙し、
どうする・・・オレはどうする・・・ と
心の叫びが止まらないのです。

45話へ続く!
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク



感想&45話は?

蓮華と捨吉の距離が
ぐーんと近づいたというか、
蓮華が近づきたくて近づいたという感じでした。

あやめの捨吉に対する気持ちは
今回は特にわからなかったものの、
捨吉は常にあやめのそばにいて見守っています。

そして積極的に文字を教える蓮華。

文字というものが存在することを
なんとなく捨吉は気づいていた感じですかね。

「文字」という言葉に反応して、
屋根で見守っていたのに
下に降りてきたのも納得がいきますし。

「文字」について知りたかったのかな?

また「あの世」は不老不死の世界ということは
わかっていますが、「この世」で死を見ることは
蓮華にとって受け入れがたいことでしょう。

ですが今明らかに年をとり、
「この世」にいる蓮華なので
何かきっかけがあって人間の一生を終える
という選択をしたようですが、
それは明らかにはなっていません。

そしてアンは一体どうなるのでしょうか?

自分は誰だ?というアイデンティティが
崩壊ぎみの状態がしばらく続いていますが、
そろそろ限界なのでは・・!?

読むたびに頭の中が混乱しつつ、
整理されていくような不思議な漫画ですね!

というわけで次回は2/1に発売の
モーニングに掲載です!