Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【とんがり帽子のアトリエ 】最新話ネタバレ16話/3巻 タータがココのために奮闘!ココの描く魔法は何を起こす?

2018年12月17日

2017年11月22日発売の
モーニングツーに掲載、
白浜鴎(かもめ)先生原作の
「とんがり帽子のアトリエ」
最新話16話です。

つばあり帽に関する手がかりを
手に入れたキーフリー。

しかし接触を試みるも失敗。

そんな中、倒れてしまったココを
医者に見せるべく街に急ぐ
キーフリーですがタータに引き止められ・・・!?

前15話のあらすじはこちら

スポンサーリンク



キーフリーの対応

タータに聞きたいことがあると言われ、
一瞬怪訝な顔つきをするキーフリーですが、
「大人の対応」で僕でよければなんでも
聞いてくれ・・とキラキラした表情で
答えようとするキーフリーに
タータもたじたじ。

しかし一瞬見せた
凍りつくような視線を
タータは見逃してはいませんでした。

ココがいる病室へと案内され、
過労などからくる風邪だと診断され、
一晩そこで様子をみることに。

キーフリーの言葉から、
ココが今まで魔法について
何も知らなかったということを知り、
ココが「知らざる者」なのかと感じるタータ。

とりあえずキーフリーも
ココの看病をするために
質問はまた今度・・・
ということになりました。

そして帰ろうとして
船着き場に行ったタータは、
船に乗ろうとしますが、
魔法使いの証である「とんがり帽子」を
どこかへ忘れてしまい、
乗船を拒否されてしまいます。

タータは帽子を探しに
街へと戻っていくのです・・・。

2人を助ける魔法?

一方キーフリーは、
街で起きたボヤ騒ぎの
消火活動を頼まれて
無理やり援助に駆り出されてしまい、
ココは1人で留守番することに。

入れ違いにタータが
病院に帽子を探しにきて、
無事に発見。

そして苦しそうなココをみて、
大人が戻ってくるまで
熱冷ましの薬を飲まそうと
薬箱を取り出しますが、
瓶がいろいろ入った薬には
ラベルが貼られておらず、
色で判断できないタータは
肝心な時に何もできない・・と
もどかしく、くやしい思いを抱きます。

しかし熱でうなされているココに、
水分を取らせようとした時に
水分を与える道具を使って、
液体と薬を分離させられるのでは・・・
とアイディアが浮かび、
薬の原材料を確認して
薬を見極めようと、タータは奮闘します。

(とんがり帽子のアトリエ 16話引用)

しかしどうしても残り3本の
見分けがつかず、
限界を感じるタータ。

ココはそんなタータのがんばりをみて、
「出来ないことを出来るように
するために助けてくれるのが魔法だ」
と、タータから魔墨と杖(ペン)を借り、
“2人”を助ける魔法を描き始めるのです。

(とんがり帽子のアトリエ 16話引用)

2人を助ける魔法とは一体・・!?

次号に続く!

感想&17話は?

タータはなかなか鋭い男の子ですね。

キーフリーも隙を見せませんが、
タータの洞察力からは
逃げられないかもしれません。

今回もキーフリーは
冷たい表情を一瞬見せますし、
う〜ん、やっぱり何考えてるのか
わからない。

いい人なのかそれとも・・・。

17話はココの描いた魔法が
何かがわかりますね。

全てが銀色に見えることで
薬すら見分けることができずに
くやしい思いをしているタータと、
熱に苦しむココの2人を
助ける魔法ってことなのかしら?

でも銀彩症が治る魔法を
かけることができるとは思えないし、
どんな魔法なんでしょうね?

がんばれタータ〜〜!

次17話はこちら