【ホリデイラブ】1巻ネタバレあらすじ 杏寿(あず)に衝撃!情事真っ最中に浮気相手の夫が家に帰ってきたら!?

2018年6月30日

普通の夫婦が壊れる時・・・!?

夫がまさかの浮気!
そしてやり直そうとする妻まで
浮気相手の罠にひっかかる!!

原作・こやまゆかり先生
漫画・草壁エリザ先生の描く超話題作、
ホリデイラブ」1巻のネタバレあらすじです。

1巻は第1~9話と特別編が収録。

スポンサーリンク



ホリデイラブ1巻の内容

京都に住む高森純平杏寿(あず)夫妻。

(ホリデイラブ 1巻引用)

純平は32歳、杏寿は30歳で
娘が一人います。

岐阜に純平が単身赴任がをして3年。

杏寿は自宅でネイルサロンをしており、
仕事に家事に忙しい毎日を送っています。

毎週末帰宅する純平との夫婦仲は順調。

しかし夫婦二人の時間があっても
妻を求めてこない夫に
女としての自信をなくす杏寿。

平和な夫婦って幸せなんだけど、
「男と女」から「家族」になっていくことは
女としてはちょっとさみしさを感じるのです。

翌日、坂口という名前で
ネイルの予約の電話が入ります。

とてもかわいい声の女性。

新規のお客ということで
杏寿も嬉しく思います。

そしてやってきた坂口。

イメージしていた人とは
ちょっと違いました。

部屋の雰囲気を参考にしたいと
写真を撮り始め、杏寿の写真も撮ります。

ネイル中も初対面なのに
ずけずけと夫婦のこととかつっこんでくる
失礼な坂口は、
このまま女として枯れていいのかと、
杏寿に出会い系アプリを勧めてくるのです・・。

(ホリデイラブ 1巻引用)

杏寿のスマホで登録していく坂口。

強引すぎますがお客様だから
あまり邪険にできず後で削除しようとします。

しかしばんばんアプリにメッセージが
届き始めます。

怖いと思う一方で杏寿を女として
求めてくれる男たちがいることに
正直嬉しさも感じてしまいます。

また坂口が来た時に
アプリのことが話題になるだろうし、
消さないでいる杏寿なのです。

 杏寿の疑い

純平が週末に帰って来た時に
携帯を新調し、古いガラケーを
おもちゃとして娘に渡します。

操作をしようと杏寿がガラケーをいじると、
受信ボックスに余裕があることに気がつきます。

3年もたっているのに・・・
数百件分消してるってこと・・・?

とありえないと思いますが、
きっと迷惑メールやキャバクラの女の子からの
メールを消しただけだよね・・・と
自分に言い聞かせます。

スマホになって初めてのメールが来た
と言う純平。

それは会社の事務の女の子で
結婚して子供もいる派遣社員からのもの。

やましいものじゃないと、
杏寿も見せてもらいますが、
とりとめのない内容をわざわざ休日に
送ってくるのはそこまで親しいから??
と、怪しいよねーと疑う杏寿。

しかし純平は
「断じて!怪しいことは何もない!」と
愛しているのは杏寿と娘だけだと言います。

浮気は絶対に許さない・・・と言う杏寿ですが、
純平はそんなことをする人じゃないし、
夫婦は信じるしかない・・・と思います。

それからしばらく後、
声の調子がおかしい純平から
杏寿に電話がかかってきます。

実は杏寿に謝らなきゃいけないことがある・・・
と切り出した純平。

純平の話はこんな感じでした。

⇒【ホリデイラブが全巻無料

 純平の話

例の派遣の女の子と純平が
職場でウワサになっていると、
本人から夜12時頃に連絡が入ります。

純平はどういうことか詳しく聞かせて欲しいと
返事をすると、旦那は泊まりでおらず子供も
寝ているからよかったら会って話しましょうかと
言われて思わず家に行ってしまった純平。

話し込んでいたところ
旦那が帰ってきて殴られてしまい、
「このことを全て奥さんに話せ」と
いうことで電話をしてきた純平。

本当に奥さんに話したかどうか、
相手の旦那が杏寿に直接確認するから
翌日また家に行くという純平。

後から真実を知ってショックを受けるのは
イヤだから本当のこと言ってと杏寿に、
純平は何もしていないと言い張ります。

平凡で幸せな日常が
ずっと続くはずだったのに
ここでガラガラと色んなことが
崩れていくのです・・・。

スポンサーリンク



 真相が明かされる

相手の旦那から自宅に電話がかかってきます。

井筒渡(いづつわたる)と名乗る男性。

「全てちゃんと聞かれましたか?」という渡に
家にあがってリビングで話していた・・・と
聞いたという杏寿。

しかし渡から衝撃の言葉が告げられます・・・!

それは純平と里奈(派遣の女の子で渡の妻)が
リビングで情事の真っ最中であり、
ゴミ箱には使用済みのゴムが捨てられていた・・・

というもの。

聞いていなかったとショックを受ける杏寿。

二人は出会い系で出会ったと言う渡ですが、
杏寿はそれすら聞かされていません。

そして里奈は純平が忘れられずに
純平の職場で派遣社員として
働き始めていたのです。

帰ってから純平と話をするということで
電話を切った杏寿は
これは現実なのかと呆然とします。

一方で渡は
奥さんに何も言っていなかったとブチ切れ、
今月中に会社を辞めて岐阜から立ち去れ、
でないと職場に出向いて全てを暴露する・・・
と誓約書を出して迫ります。

そして「こんなに好きなのに・・・」
と別室で泣く里奈。

誓約書にサインした純平は
京都へ車を走らせるのです・・・。

⇒【ホリデイラブが全巻無料

きっかけ(回想)

里奈と純平が出会ったのは1年前。

酔っ払った時に会社の同僚に
出会い系に登録してもらった純平。

ただその時のことは覚えておらず、
アプリを消そうとしたところに
里奈からのメッセージが届きます。

文面から真面目な人だという
印象を受ける純平。

旦那から束縛を受けていそうな様子で
彼女のことが気になり思わず
メッセージを返信したことで
やりとりが始まったのです。

妻以外の女とメールのやり取りに
久しぶりにワクワクする純平。

里奈から直接お会いしてお話できたら・・
というメッセージをもらい、
葛藤もしながら里奈とあう純平。

現れた里奈はとてつもなく可愛い女性で
話も盛り上がった様子。

(ホリデイラブ 1巻引用)

出会い系を通すのはやめて
直接携帯アドレスでやりとりしないかと
提案したのも純平なのでした。

アドレスを教えるとこれから
純平の連絡を本気で待ってしまうという里奈。

純平の胸が大きく高鳴ります!

何度かメールをやりとりするも
旦那にばれたということで
二人は関係を終わります。

それから数ヶ月後、
純平の会社に新しい派遣社員が入社。

それは里奈でした。

偶然派遣されたという里奈は
業務連絡も兼ねて時々プライベートな
内容も送り合うようになり、
再び以前のように盛り上がり、
あの「職場でウワサ」メールへとつながるのです。

真夜中で旦那が出張中・・・
さすがにまずいとわかっているけど
里奈の家に行く純平。

お茶をしながら実は里奈が
またどうしても会いたくて
純平の働く会社と契約している
派遣会社を探して入社したことを知ります。

里奈の気持ちに確信を持った純平は
そのままリビングのソファで抱き合うのです・・・。

その真っ只中に帰ってきた里奈の夫・渡。

裸の純平を見て殴ります。

里奈がやりとりしいた男だと知り、
杏寿に電話をしろと迫る渡。

純平自身の口から話すから・・・
ということで翌日の夜、
もう一度里奈の家に来て、
本当に奥さんに話したかどうか
確認する・・・ということになるのです。

⇒【里奈のヤバすぎる異常な行動とは!?

 杏寿の気持ち

京都に戻ってきた純平。

土下座して泣いて謝る純平と
車の中で話し合うことに。

どうしても許せない杏寿は
二人の関係を終わらせる方向で
話を勧めていきます。

二度と家には帰らず、
電話もメールもなしで、
マンションも近いうちに引っ越すという杏寿。

(ホリデイラブ 1巻引用)

泣き崩れる夫。

一度壊れた信頼は
もう二度となかった頃と
同じようには戻らない・・・のです。

*話の流れがわかるように、
少し話数の入れ替えをして書いています。

特別編は?

特別編(前編)は杏寿と純平が
どのように出会ったのか、
10年前の二人が描かれます。

本編とは違ってなんだか
ほっこり胸キュン展開になっていますので、
ぜひコミックでお楽しみください♡

1巻感想

怒涛の1巻でした!!

なんていうか・・・
純平がクズすぎて腹が立つ!

まーったく理解不能なのが、
なんで真実を電話ではじめに
杏寿に伝えなかったのかってとこ。

傷つけまいとして言わなかったのか、
バレたらまずい・・・と自分を守ろうとして
言わなかったのかはわかりませんが
次の日に渡に確認するって言われてるんだから
どっちにしろバレるってのにねえ〜。

渡は言わないとでも思ったのでしょうか?

最初に杏寿にネイルの予約をしたのも
里奈なのでしょうね。

そしてやってきた坂口と名乗る、
図々しい女・・・。

人のスマホを勝手に操作して
出会い系アプリをいれて登録するなんて
もうありえなさすぎる!!

坂口と里奈の関係は
今後明かされていきます・・・。

2巻へ続く!

「ホリデイラブ」が無料で読める

国内最大級の動画配信サイトの
U-NEXTでも
ホリデイラブの電子書籍が読めるので
気になる方は要チェック!

こちらは31日間の無料お試し期間があり
ホリデイラブは初回登録ポイントで
1冊無料で読めちゃいます。

600ポイントがもらえる
U-NEXTの無料お試しはこちら

>>U-NEXTでホリデイラブを読む!

他に無料で読む方法はこちらから。

スポンサーリンク