Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【ランド ネタバレ】最新話42話/6巻 蓮華、母あやめと会う。その姿に蓮華が受けた衝撃とは!?

2018年12月17日

2017年10月26日発売の
モーニングに連載中、
山下和美先生原作「ランド」の
最新話ネタバレです。

もともと「あの世」で
何不自由なく生活してきた
天音の娘の蓮華ですが、
「この世」へ行くと決めます。

そこで蓮華が見たものとは
「地獄」だった・・・!

⇒【前41話 蓮華、支配者になる

スポンサーリンク



蓮華の見た地獄

「この世」に降り立った瞬間、
蓮華が見たものは、
カラスに食べられている子供・・・。

(ランド 42話引用)

思わず吐いてしまう蓮華。

それは大凶作のため、
豊作への祈りの生贄として
捧げられた子供でした。

食料が足りないなら
送れば解決するじゃない!
という蓮華ですが、
「この世」の住民にとって
「あの世」の世界は存在しないから
できないのです。

ここにはここの正義がある・・・

何も処置されていない人間が
ここで新しく歴史を作る。

今の時点で分かったことは、
やはり人間には「神」が必要だということ。

はじめに神話があれば、
人々は何代にもわたり語り継ぐ。

それが四ツ神として、
自分で自分を縛っていくのです。

母あやめの元へ

蓮華はあやめの後を継ぐ、
天からの使いだとして、
あやめの「お告げ」通り
西の神の足下から現れたと、
「この世」の人たちが迎えにきます。

「この世」の人々は、
生贄を差し出した甲斐がある、
四ツ神様は我々の願いを
受け入れてくれた・・・と
つぶやいています。

(ランド 42話引用)

「この世」は情報を持たず、
文字を知らず神だけを信じる

すべてがリセットされた世界の人間

であると道中、
和音が教えてくれました。

マスクの下の衝撃

あやめの元へ通された蓮華。

口元を覆っている布を外し、
あやめの顔をみた蓮華。

その顔をみて、
あやめは久松くんと久しぶりの
再会をしたときの衝撃を
思い出しました。

老人を演じるために、
あえて年をとることを選んだ久松。

(ランド 42話引用)

あやめも不老不死をやめた・・・
と和音が言います。

齢をとることをやめた・・・
とあやめが蓮華に伝えると、
「私には無理」と蓮華は
ショックで気を失ってしまいます。

部屋で寝かされている蓮華が
目を覚ますと、
庭先を手入れしている
1人の少年の姿が。

彼は以前、
生贄の儀式で唯一生き残った子。

名前は捨吉・・・。

42話はここまで!

感想&43話は?

いきなりカラスが生贄を
食べているという
なかなかショッキングな
始まりでした!

心のどこかで
生贄は保護されているという
思いがあったから、
「ちゃんと」捧げられていたんだな。

「この世」と「あの世」について、
今まで謎だったことが
少しずつ明らかになっているような
気がします。

「あの世」は年を取らない
世界なのですね。

不老不死の世界だけど
自分の選択で
年をとることができる。

和音が若い理由も
これで納得がいきます。

そして若かりし頃の
捨吉が出てきましたね。

まだ父親にもなる前、
ずいぶん見た目は若いので、
10代くらいということでしょうか。

こんなに若い時から
あやめたちの住居内に
入れているということは、
捨吉も「あの世」のことは
知っているということ?

生贄で生き延びたということが
何かそのヒントなのでしょうか?

まだまだわからないことは
たくさんあります!

次回は11月22日発売の
モーニングに掲載です!

⇒【あの世は年を取らない世界?

【こんな記事も読まれています】

⇒【41話 蓮華、支配者になる
⇒【40話 狐面の正体
⇒【39話 生贄の子供たち