【ギルティ】漫画ネタバレ最新話42/9巻 握られたナイフ。犠牲になったのは誰?予想だにしなかった悲劇が起こる

2020年11月30日にまんが王国にて先行配信
丘上あい先生原作「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」最新話42話ネタバレ(9巻収録予定)です。

睦月の復讐劇は終わっていませんでした。
ストーリーは思わぬ方向に進んで行きます・・!
後半ではギルティを無料で読む裏技も紹介します。
前回41話のあらすじ感想をチェック!


ギルティ最新話ネタバレはこちら↓↓↓↓↓

母親の日記

祖父のもとから逃げだした駿は
睦月のアパートを訪れますが、睦月は留守でした。

そこに、祖父の使用人らしき男たちが
駿を捜しにやってきます。

階段に身をひそめる駿。

祖父は駿を後継者として育てるつもりだったのです。

駿は足元の草かげに1枚の紙きれを発見。

ギルティ「写真1」 (1)
丘上あい先生「ギルティ」より

手に取った駿の顔色が変わりました。

それは、母親の弥生がのこした日記だったのです。

睦月の覚悟

結のアパート。

瑠衣が生きていることを知り
睦月に危険がおよぶと考えた結は
2人で逃げようと提案します。

迷惑をかけたくないから
出て行くと告げる睦月を、引きとめる結。

睦月は結に、瑠衣が弥生を殺した証拠を残してあるから
アパートに取りにいってほしいとお願いしました。

瑠衣が生きているなら、道づれにする」睦月は結を抱きしめ・・・

ギルティ「写真2」 (1)
丘上あい先生「ギルティ」より

爽に助けを求める駿

お風呂上がりの爽のスマホに
公衆電話から着信が。

誰からだろう?と電話にでる爽。

受話器から聞こえてきたのは
「たすけて・・」とつぶやく駿の声でした。

・・・・

駿から呼びだされた爽。

待ち合わせ場所に駆けつけると
駿はむっちゃん(睦月)を助けてほしいと泣きだします。

その姿に元夫・一真をかさねた爽は
駿をだきしめ「だいじょうぶだよ」と伝えました。

ギルティ「写真3」 (1)
丘上あい先生「ギルティ」より

ポケットの中には・・

夜。

睦月のアパートに証拠を取りにきた結は
駿に声をかけられビックリ。

目の前の少年が
睦月の甥っ子であることに気づき
自分のアパートへ連れて帰ることに。

駿の姿を見て、睦月は驚きます。

「僕・・」

「自分で“カタキ”をとったんだ」と笑みを浮かべる駿。

ギルティ「写真4」
丘上あい先生「ギルティ」より

なぜか、駿の右手はずっとポケットの中。

イヤな予感を感じた睦月が
駿の右腕をゆっくり引っぱると
血に染まったナイフが・・・

駿は血まみれの紙を睦月にさしだします。

それは、弥生の日記と爽の名刺でした。

弥生の日記に『オギノサヤカ』の名をみつけた駿は
母親の仇をとろうと、爽を呼びだし
ナイフで刺してしまったのです。

感想&43話は?

まさか、こんな悲劇が起きてしまうなんて・・

弥生の日記に記された『オギノサヤカ』は
爽になりすました瑠衣なのに!

ストーリーのラストで、睦月は駿をかばって自首してしまいました。

今回の出来事は、元凶の瑠衣でさえ予想していなかったはず。

秋山を手に入れたい瑠衣からしたら
願ったり叶ったりの展開なのかもしれませんが・・・

悔しい・・!

駿が加害者になってしまったのも
もとは全て瑠衣が弥生を死に追いやったせい。

瑠衣はどれだけの人を不幸にすれば気がすむんだろう。

刺されてしまった爽のことも心配ですね。

秋山が一刻も早く瑠衣の『嘘』に気づきますように・・!!

次回43話は12月30日にまんが王国で先行配信予定です!

次回43話のあらすじ感想をチェック!

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」をお得に読む

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」は
広告などで話題の大手漫画配信サイト、
まんが王国
でこの「ギルティ」が独占最速配信されています。

30ページほどの分冊版は1巻100ポイントです。

会員登録すると
電子書籍が半額になるクーポンがもらえたり、
来店ポイントやレビューポイントなどももらえて
大変お得に漫画が読めちゃいます。

また、試し読み機能はどの漫画サイトよりも充実しています。
人気漫画でも単行本の3分の1くらいまで読める
「じっくり試し読み」が使えます。
さらに、最近の漫画や人気漫画を複数巻無料で読めるキャンペーンも常にやっています。

>>まんが王国で読む