ぐらんぶる実写映画公開!感想・評価 映画はつまらない!?

ぐらんぶるサムネ
実写ぐらんぶる公式サイトより

もともと5月29日公開予定だった映画ぐらんぶる。
コロナ感染症の影響で延期されていたのですが、本日(8月7日)ついに無事公開されました。
実写映画「ぐらんぶる」は竜星涼と犬飼貴丈のW主演作品です。

全裸を前面に押し出したCMが話題の本作ですが、観た人の評判や感想はどうだったのでしょう?



ぐらんぶるのあらすじは?

大学に入学したばかりの北原伊織(竜星)。
彼を待ち受けているのは女の子に囲まれたキラキラなキャンパスライフのはずでした。
しかし、そんな彼の生活はあるダイビングサークルに目をつけられたことをきっかけに大変なことに…。

気付いたら屈強な男たちに囲まれ、全裸になっている始末。(笑)

伊織と同じく1年生でアニメオタクの今村浩平(犬飼)も
気付いたらダイビングサークルに目を付けられます。

ぐらんぶるはそんな彼らが繰り広げるぶっ飛び青春ストーリーです。

全裸や飲酒などの表現があまりにも多いため、アニメ化ですら厳しいだろう、
と言われていましたが、人気に拍車がかかり、ついに実写映画化が実現です。

ちなみに主人公一登場人物の一部は1年生ですが飲酒シーンありです。
ということもあり、彼らは留年、浪人等で既に成人を迎えているという設定のようです。
多少無理があるように聞こえますが、コンプラを守るにはこうするしかなかったのでしょう。(笑)

より詳しいネタバレ・あらすじはコチラから↓

原作最新話が気になる人はコチラ↓

ぐらんぶる最新話ネタバレはこちら↓↓↓↓↓

みんなの感想・評価

さて、映画を見た人たちの感想はどうでしょうか?






まとめ

映画「ぐらんぶる」好調のようです!とにかく面白かったという声が多く、原作を知っている人も納得の実写化だったようです。原作通りという声も、原作とは違うけどこれはこれで良いという両方の声が見られました。
キャスト目当てで観に行っている方も多いようで、ツンデレ女子を演じる与田祐希(乃木坂46)や下着姿で誘惑するシーンのあるGカップグラドル小倉優香には多くの男性が釘付けだったようです。
まだ、安心して外出できる状況ではありませんが、漫画、映画業界を盛り上げるためにも十分に感染対策をした上で劇場に足を運んでみてはいかがでしょう!