ガイシューイッショクはいつ「やる」?もうやった?みちると小森の駆け引き妄想してみた。

色白好先生の「ガイシューイッショク」、
なんだか個人のツボを刺激するというか
キュンキュンきてハマっていますが、
彼らは一体いつやる!?

というわけのわからん考察です笑。

というかただの妄想!

やった?やってない?

ネタバレごめんなさいですが、
3巻の時点で「やってません」。笑

勝負が見所の漫画なので
やっちゃったら意味ないですね。

「ガイシューイッショク」は
ビッグコミックスペリオールで連載中で、
2020年1月現在、3巻まで出ています。

>>ガイシューイッショクあらすじはこちら


この3巻の表紙の肉感、やばくないですか?

突然小森(♂)の家に居候したみちる(♀)との
エロ勝負・・・めっちゃ面白い。

まあ面白いと思うのは
私の妄想心を刺激するからであり、
こんな勝負してみたい!という願望が
あることは否定しません。

ってか控えめに言ってサイコー。

あんだけ密着してぃや〜らすぃ〜ことして
やらないんですよ!笑

ギリギリのところで勝負が決まったり
みちるのわけのわからん言葉で
その場が鎮まってしまったり。

やるのか!?やらないのか!?

ってめちゃドキドキします。

みちるから「したい」って言う?

んじゃ〜いつやるの!?

って勝手にやってるとこを妄想して
興奮しちゃっているんですが、
実際はいつやるんでしょうね?笑

みちるがやらないのはどうやら
初めてだから・・とのこと。

エロ漫画家で、ものすごい強気なのに
貞操は守っているとこがまたかわいい。

我慢してる小森もなかなかすごいけど。

キスもしてるしお互い大事なところも
触ってるし口でも・・だから、
あとは入れる入れないだけ。

3巻で小森が「宇宙からしたら入ってる」
的なことを言っていましたが、
そこまでしていたら入る入ってないの
問題でなくない?

どうしてもみちるが「したい」と言ってるのは
想像はできないのですが、
興味があるのは間違いない。(はず)

漫画家として大成功するために
実体験も必要になってくるだろうし、
実際に小森との勝負のおかげで
表現力もメキメキあがってるとのこと。

だったらやはり「取材」と言い訳して
するかもしれない〜。

だけどそんな言い訳じみた理由でするのは
ちょっと面白味がない!

例えば小森のことが好きになったけど
それがツンデレみちるには言えるはずもなく、
「したい」って言えなくていつものように
強気になって・・・

そしたら小森の元カノが戻ってきて
小森とヨリを戻しかけてしまう悲しさから
「・・・好き」「したい」って言うとか〜!?

もう早くやっちゃえよ〜!って気持ちと
あの焦らすのがたまらな〜いって気持ちが
入り混じってて複雑です。

でもやったら漫画終わっちゃうしな〜。

でもず〜っと焦らし勝負だと
読者も飽きてきちゃうと思うので
5巻とかあたりでサクッとやって
最終回でもいいかも?
(*個人的希望です。)

2人の距離がどうやって近くか、
そしていつ「やる」のか、
めちゃくちゃ楽しみです!

1巻ネタバレはこちら。

「あせとせっけん」もフェチ心をくすぐります!