Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【凪のお暇 ネタバレ】最新話35話(エレガンスイブ8月号) 凪の母、上京!タイトルマッチに現れたのは救世主の・・桃園さん・・!?

2019年8月21日

2019年6月26日発売の
月刊エレガンスイブ8月号掲載、
コナリミサト先生原作「凪のお暇」の
最新話35話ネタバレ(6巻収録)です。

ずっと恐れていた日を迎える凪。

いよいよ母親が上京してくる・・!

前回のおさらいはこちら。

母の吸引力

ついにやってきた凪のいとこの結婚式の日。

まるでモデルのように可愛くなった凪を、
うららやうららの母が応援ビームを背中から、
そして映画好きの吉永さんが縁起担ぎの
火打ち石を鳴らして(笑)送り出します。

・・・式場に着いた凪。

ママさんとか桃園さんたちと
念入りに行ったシミュレーションを思い出し、
絶対にやりきってやる・・!と凪は思います。

そして凪の田舎から集まってきた
新婦の母のお友達らの中に、
ついに母親の姿が・・。

母親と対面した凪。

母親と「タイトルマッチ」が始まります。

すごい吸引力で
凪の全神経と視界が一点に絞られて、
母親しか見えなくなってしまうところですが、
なんとかピントを広くして全神経を解放。

とにかく意識を母親からそらして
いろんな人とひたすら談笑する凪。

ところどころ母親の吸引力に
引っ張られそうになりますが、
なんとか踏ん張り続けます。

そして新婦に挨拶に行った凪は、
小さいころにその新婦とよく遊んだことを
思い出します。

そしてだんだん疎遠になっていった理由も
思い出すのですが、それは凪母と、
新婦の母がちょっと嫌悪になったから。

だからあの人(母)とは会いたくなかったんだ。

あの人と2人きりになっちゃいけない、絶対に。

そう思う凪なのです。

本当のタイトルマッチの相手

しかし式も早くお開きになり、
思いがけず早めに2人きりになってしまった
凪と母親。

凪は母親が「ちゃんと本当に笑っているか」
がいつも気になっており、
母親が言って欲しい言葉も知っています。

それは簡単に言うと、
田舎の人たちをディスる言葉。

結婚式は正直貧乏くさかった・・

新郎の人も花形部署じゃないし地味だし・・・

など、母親の思いを凪が代弁するように言うと
花が咲いたように笑う母。

小さいころから母に笑ってほしくて、
母が喜ぶような言葉を選んできた凪・・。

凪は気づきます。

タイトルマッチの相手は母親ではなく、
母親の笑顔が見たくてすり寄ってしまう
凪自身でした。

本当は言いたくないことを言う凪の心は
もういっぱいいっぱいで限界寸前。

誰か・・誰か・・・

涙さえ浮かんでくる凪。

その瞬間、がっと凪の頭を掴んだのは
この流れを変えてくれるはずの「桃園さん」。

しかしそれは・・・

慎二!!??

えええええ!!衝撃の展開!

次回36話に続く。

凪のお暇を無料で読む




感想&36話は?

ちょ・・!まさかの救世主が慎二!!
なんだろう、この安心感・・。

最後の一コマで一気に慎二に
惚れそうになってしまった。

もちろん桃園さんもかなり手の込んだ
シナリオを作ってきてくれたんだけど、
どっかでボロがでるんじゃないか・・って
いらん心配していたわけですよ。

というよりも母親が演技であることを見抜いて
凪が余計にしんどくなってしまうという
展開を予想していたんですけど
もしかしたらそうならないかも!

凪が追い詰められて
目に涙を浮かべたところで
慎二が登場ってかっこよすぎる。

う〜む、慎二がこの状況を知るのは
簡単なことだと思う。

ママさんとかきっと桃園とも
仲良くなっているはずだから
「俺が代わる」と言えますよね。

慎二は頭の回転もいいし
きっとボロも出さずに凪と母親の間の
空気を読んでうまくこなすと思う。

イチ読者の私としては慎二が出てきて
ものすご〜い安心感があるのですが、
凪自身はどうなのでしょう?

びっくりですよね、しかし。

ここで凪がお母さんに「元彼」なんて
言おうものならそれはそれで
追い詰められてしまいそうだし、
そんなことを慎二は言わせないのでは。

凪もうまく会話をつないでくれる慎二に、
感謝だったりさらに尊敬の念を強めるかも。

慎二と円(まどか)との関係も気になるけど、
やっぱり凪を超えることはできない気がする。

慎二の中の凪の存在は
本人が思っている以上に
大きなものだと思います。

あ〜これをきっかけに
再びつきあってほしいな!

さんざんクズだとか思ったけど、
でもやっぱりツンデレなところがツボる。

桃園さんとのロマンスはないか、やっぱ。

早く続きが読みたくてたまりません!

7月からはドラマ始まりますね〜!

次のお話はゴンにまつわる番外編でした。

【凪のお暇関連記事】

34話(前話)あらすじ感想
34話あらすじ感想
33話あらすじ感想
32話あらすじ感想
31話あらすじ感想
30話あらすじ感想
凪のお暇的知恵袋:甘そうなもの編
凪のお暇的知恵袋:食べ物編