【今日からシティーハンター】ネタバレ感想 冴羽リョウと香の世界にタイプスリップ!?甦るシティーハンターに大興奮!

2019年2月10日

(今日からシティーハンター 引用 2話)

「シティーハンター」の連載が終了してから
早25年以上。

今新たに、シティーハンターが
復活しているのをご存知でしょうか!?

今日からシティーハンター
という漫画が月刊コミックゼノンで
連載を2017年7月より開始。

すでに話題沸騰とのこと!

あらすじを紹介しながら当時シティーハンターの
大大大ファンだったワタクシ、管理人が
レビューしてみたいと思います!

未だにシティーハンターの
サントラ聴いてますよ・・。



「今日からシティーハンター」とは

「今日からCITY HUNTER」はパロディ漫画に定評のある、
錦ソクラ先生が描いています。

青春時代をシティーハンターの漫画と
共に過ごした現在は40歳の青山香が主人公。

彼女がひょんなことから漫画の世界に入り込み、
なんとリョウと香が住む新宿へとタイムスリップ

夢にまでみた憧れのシティーハンターを
目の前に青山さんも大興奮・・・!

でも自分もなぜかシティーハンターが
大好きだった高校生に戻っているのです。

記憶喪失・・・ということでリョウと香の住む家に
追いてもらうことになった青山さんは元の世界に
戻れるのでしょうか!?

スポンサーリンク



感想

というわけで、2017年9月現在では
第2話までゼノンに掲載されています。

もうね、青山さんの気持ちがシンクロしちゃって
「わかる〜〜〜!」と私まで大興奮しちゃいました。

正直、ゼノンの表紙を見た時には、

「え〜北条先生以外が描くシティーハンターは
シティーハンターではない!」

と思ったくらいだったんです。

だってあの北条先生の繊細な線は
誰が描いても違うんだもん!

大好きだったからこそこだわりがあるし、
北条先生以外が描くのは別物!と
思ってましたから。

でも読んでみたら・・・
おお!?
リョウと香がいる!?
って胸が高鳴ったんですよ。

もちろん、錦ソクラ先生の線なんです。

微妙にリョウと香ではないけれど、
かなり特徴をとらえてて、
シティーハンターっぽいんです。

(引用 2話)

このコマとかかなりイイ!

シティーハンターの最終巻以降の
続きを読んでいる感じというのでしょうか?

新しくリョウと香が動いているのを見て
本当に嬉しかったんです、私。

「エンジェル・ハート」はやっぱり私の中では
別物なんですよね・・・。

あれはそもそも続編ではないし!

スポンサーリンク



で、
「今日からシティーハンター」は
そうそう、こんな動きするよね!
ってところを見事に描き出していると思うんです。

パロディじゃなくて、シティーハンター愛が
溢れている感じ。

ところどころで本編の名場面を描いてくれたり、
香のパジャマとか、リョウたちの住むビルとか、
再現率が半端ない

嬉しい!!

あの時の世界観がそのまま描かれているんですよ!

表紙を見た時の残念感なんて
あっという間に吹き飛んじゃいましたよ。

今後はいろんなキャラが!?

「シティーハンター」は北条司先生の作品ですが、
それを「参考書」として錦ソクラ先生が
オリジナルで「今日から・・・」を描いています。

北条先生のオフィシャルツイッターでも
つぶやかれているのでお墨付きなんでしょうね。

北条司ツイッター

第2話の最後では海坊主が登場!

(引用 2話)

これからいろんな
キャラクターが出てきそうですね!

過去の依頼人とかも出てくるのかな?

私が一番印象にあるのは、
香のお姉さんの立木さゆり。

香を一般の子に戻そうと
必死になってたお話がよかったな〜。

家族愛を感じたストーリーで好きでしたよ。

主な登場人物はでてくるでしょうね〜。

冴子とか美樹とか麗華とか。

教授にニックにかずえもでてくるかな??

ワクワクもするけど、リョウと香のちょっと
いいシーンも見てみたい・・・。

本編ではガラス越しのキスでしたからね〜。

ほんと、私も当時はリョウと香のラブなシーンを
妄想したものです・・。

賛否両論あるかもですが、
ぜひ一度読んでほしいです!