【亜人ネタバレ】最新話59話/13巻 テレビに捉えられた永井の姿を見つめる人物とは!?佐藤、「2時間」の行動開始ッ!

2018年6月7日発売の
Goodアフタヌーンより
「亜人」最新話 FILE.59
「H-hour」ネタバレあり感想です。

「作戦開始時間」とタイトルがついた今回、
佐藤も動き出すと同時にあの人物らも動く・・!?

前回58話のあらすじはこちら。

スポンサーリンク



佐藤に近づきたい

「2時間で国の重要機関をすべて沈黙させる」
と佐藤が出した声明について、
テレビではいろいろとコメントが
出されていますが、まだ眉唾だとして
信じていない人が多い様子。

中継を見ながら何かを必死に考える永井。

中野・秋山、そして泉と田中らと
ビデオ通話して話します。

永井は佐藤がやりたいことがなんとなくわかるが
策を練るのにもう少し正確性がほしい・・と
佐藤に近づきたいと言います。

永井が来ることは、
佐藤にとって想定内だとして、
出ていくことで敵にバレるといったことに
構ってられないほど時間がありません・・・。

国会で

国会では自衛隊陸曹長や総理代理ら関係者が
佐藤の対応について話し合っています。

意見を求められた空曹長は、
日本は地対地兵器を保有していない、
また入間基地には対地・対艦攻撃の戦闘機や
それに搭載する空対地兵器もない。

(桜井画門先生 亜人引用)

「2時間」はただの待ち時間であり、
この隙に可能な限りの武力で
佐藤を叩き潰すべきだと考えています。

スポンサーリンク



行動開始

配信を終えた佐藤たち。

彼はなんともあっさり人質らを
撃ちころしてしまいます。

役目は果たしてもらったからと・・・。

そして奥山がバックれたことを知りますが、
途中抜けそうだったと意に介さない佐藤。

(桜井画門先生 亜人引用)

佐藤らの行動が開始!!

一方佐藤に近づこうとして
入間基地の滑走路を走る永井。

佐藤はこの後、戦闘機に乗るために
外に出てくるだろうと永井は予想。

基地祭のパンフレットに書かれていた
F-15という戦闘機を佐藤は選ぶはずだと思うも、
どれがF-15かわかりません。

「尾翼が縦に2枚出ているやつだ!」と
以前にそれを見たことがある秋山が
電話越しに伝え、永井は探します。

滑走路に立っている永井の姿を
ニュースのヘリのカメラが捉え、
「永井が佐藤の犯行に関わっているようだ」と
テレビ中継されてしまいます。

そのテレビをじっと見つめる人が・・・

それは海斗!!

(桜井画門先生 亜人引用)

海斗が視線を送った先には・・琴吹・・・!!!

そして縦に2枚の尾翼がある
戦闘機を探す永井の先まっすぐに、
まさに動き出したF-15が・・・!! 

永井と佐藤、ついに対面か!?

ど・・どうなる!?

感想&60話は!?

出たーー!!
海斗と琴吹〜〜!!

海斗が永井の姿を真っ直ぐにみてて、
琴吹に視線を送る・・

これは「時が来た」という
サインではないでしょうか!?

一度壁を超えさせてやる・・
かつてそう言った琴吹。

ついにそれを実行させる時が来た!?

うわーーめちゃくちゃ興奮してきたわ!!

大集合じゃん!!

もしかしたら中村慎也も出てくるのでは!?

今後の展開を想像するとワクワクします〜!

しかし佐藤は無慈悲にも大臣とか
人質とかあっさり「処刑」。

テレビではコメンテーターが
「2時間は人質の安全の保証はされている」
とか言ってるし、国会でもまだ佐藤には
そんな力はないなどと話し合われていますが
脳内お花畑かいっ!!

永井は自分の予測に正確性を持たせるべく、
「佐藤の外見をこの目でみたい」
と言っていましたがどういうことなのかな?

外見をみたら、
何か確信をもつことができるということ?

永井の考えていることはわかりませんが、
次回にお互い姿を確認するような気がします!

まさに滑走路を走り飛ぼうとしている佐藤、
そしてすぐ近くには永井・・・。

どうなってしまうのでしょうか!!?

亜人のコミックを無料で読む!

スポンサーリンク