【この愛は、異端。】最新話19話/3巻 バアルの「愛」を知ったよしの。彼女がカバンの中から見つけたものとは?

2018年6月22日

2018年5月25日発売の
ヤングアニマルに掲載された
森山絵凪先生の「この愛は、異端。」の
最新話19話です。

ラファエルに斬られて
瀕死の状態となってしまったバアル。

よしのに本心を打ち明けたが・・!?

前回18話のあらすじ感想はこちら。

今個人的にイチオシの漫画です!

あらすじを知りたい方はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク



私の事、愛してる?

「結婚してやってもいい」と言うバアル。

よしのは彼のカバンの中から
署名済みの婚姻届と指輪を発見。
(もちろんハリーウィンストン)

よしのが望むなら、
生きている間は夫として、
死後は魂を地獄に連れて行き、
滅びるその日まで共にずっと過ごすことなど、
様々なことを説明するバアル。

「私の事、愛してる?」と聞くよしのに
「さあ・・どうですかね」とバアルは答えます。

それを聞いたよしのは自分の指に
指輪をはめてバアルの愛を受け入れます。

そんな奴とは許さない!という父親ですが
母親は黙っています。

よしのは涙ながらにバアルが
罪悪の権化でも愛していると伝え、
これまでバアルがずっと守ってくれて
いたことを知るのです。

よしのの母親は、
この男と結婚して子供をもうけることが、
どれだけ重荷になるのかわかっているのか・・
と尋ねます。

何も分かってないと思うけど、
ただここで彼を選ばなければ
生涯後悔し続ける事だけは分かってる
と強い意思を見せるよしの。

(森山絵凪先生 この愛は、異端。引用)

母親は娘を応援するとし、
よしのの決断を受け入れ、
バアルにこれからもよしのを頼むと
伝えます。

よしのはサタンの持つ婚姻届に
署名と血印を押し受理され、
元の契約書は不要となり、
ラファエルへと引き渡されます。

息も絶え絶えの中、
バアルはよしのにいろいろと
炊飯器の使い方とか生活について教えますが、
もう魂が壊れかけていきます・・。

バアル、両親との別れ

助かるか分からない状態のバアルは
地獄で回復する必要があります。

サタンはよしのに、
「無事に戻って来れたなら
またウナギを食べに行こう」
「結婚おめでとう」と言って
バアルを地獄へと連れて行きました。

ラファエルはよしのの両親を連れて、
そろそろ行くと言います。

母親と父親ははよしのを抱きしめ、
「いつでも見守っているから・・」と、
ラファエルと共に消えて行くのです・・。

(森山絵凪先生 この愛は、異端。引用)

互いの全てを対価とする
結婚という「二度目」の契約を
交わしたよしの。

バアルの無事を願います・・・。

感想&20話は?

ついに・・2人の気持ちが通じ合いました!(涙)

愛しているのかを尋ねられ、
「さあ」というのはバアルにとっての
最大の愛の表現なんでしょうね。

感情がわからない悪魔にとって
「よく分からない」というのが変化の証。

愛している証拠だああ!!
と1人大興奮でした。

ちょっとロマンチックな感じでは
なかったプロポーズですし、
何と言ってもバアルが危なくて
もう早く治療してあげてー!という
気持ちが強かったです(笑)。

もうかなり危険な状態なのに、
炊飯器の使い方とか
肩とお腹を冷やすなと伝えるバアル・・。

両親も「・・・」な表情がウケる!

(森山絵凪先生 この愛は、異端。引用)

バアルは助かるのか・・・
多分人間世界で言うと、
ほぼ助からなくない?という状態の
ような気がしまくってますけど、
本当に大丈夫なのかな。

治療には半年程度かかるそうで、
しかも助かるかわからないというサタン。

なんか、まさか命を落とすって
展開もありそうで怖い!

お願い、バアルとよしのの
ラブラブ新婚生活を見せてください!!

最終回も近いのかな・・??

だとしたらさみしすぎる〜!

もうすこし胸キュン話がみたい!!

次回も超楽しみです〜〜!!

次の20話あらすじ感想はこちら。

無料でコミックを読む方法はこちら。

スポンサーリンク